CONTACT US

自分で腫れを抑える方法:整形手術後の注意事項とケア

성형 붓기 빼는 법

手術後は、誰もが早く元の生活に戻りたいと思っています。日常への復帰を薬や医療機器の助けなしに自分でできる方法があることを知っていましたか?この記事では、整形後の注意点や自分で腫れを抑える方法を紹介したいと思います。

1. 手術後の注意事項を守るべき理由

手術結果は、患者と医療スタッフの協力関係です。 そのため、手術前の注意事項だけではなく手術後の注意事項を必ず守らなければなりません。

2. 訪問スケジュール

手術後に通院するのは、早期に状態を確認するためです。 必要に応じて、合併症を最小限に抑え、結果を最大化するために、消毒、治療、必要時は抗生物質を点滴する必要があります。 手術後1日目から3日目に血腫や感染症がないか確認することをお勧めします。 また、抜糸のタイミングも手術部位の傷跡に関係するので、決まった日に来院することをお勧めします。 1~2日で受診日を予約できる場合もありますが、正確な日に受診しなければならない場合もありますので、詳しくは主治医にご相談ください。

3. 手術後の圧迫: 冷却 vs 温め

最初の 3 日間は、冷やして (氷のように冷やしたりしないでください) 圧縮します。 その後、温める事が効果的です。 原則は以下の通りです。 手術後の初期に患部を冷やすと、血管が収縮して止血に役立ちます。 温めは、手術部位周辺の血流を増加させることにより、あざや腫れを和らげます。 これらの原則を念頭に置いて、正しいケアを適用すると、日常生活に早く戻るのに効果的です。

4. むくみを早く解消する方法

通常の傷の治癒過程では、腫れは手術後2~3日目にピークを迎え、その後減少します。 手術後の組織の治癒過程で血管が拡張し、血漿成分が流出して起こる現象です。
したがって、腫れが手術の 3 日目まで増加するのは正常です。腫れやむくみを解消するためには、皮膚の下の血行をスムーズにすることが欠かせません。 初期段階で自分でむくみを最小限に抑えるコツをご紹介したいと思います。

1) 横になる時間を控え、早く起きる: 最初の2日間

これは、私がすべての患者に強調する最も重要なヒントです。 横になる時間を最小限に抑えることで、顔への血流が減少し、むくみが軽減されます。 最初の2~3日は昼寝も控えましょう。 日常の活動中は、直立姿勢を保つようにしてください。

2) 低ナトリウム食を維持する

手術後は控えめな食事を維持することが不可欠です。 夜遅くにラーメンを食べると翌日顔がむくんでしまう 経験があるはずです。塩辛い食べ物を食べると、私たちの体が浸透圧維持のために水分を集めることで起こる恒常性維持現象です。手術後少なくとも1~2週間は辛いものや塩辛いものを避けることをお勧めします。 また、血がべたつくチョコレートやお菓子も避けるべきです。 深夜の食事も控えましょう。

3) 軽いウォーキング:1日目~3日目

血行が促進されるとむくみが解消されます。そして血行を促進するには、薬を飲むよりも運動が一番効果的です。汗をかかない程度の軽いウォーキングがおすすめです。二重まぶたなどのまぶたの手術の場合、手術当日の夕方からジョギングを始めることができます。鼻形成術、フェイスリフト、または顔面骨の輪郭手術の場合は、3日目から開始してください。日没後の30分間の散歩は、外科的腫れを軽減するのに効果的です。ただし、寒い冬の野外活動は血管収縮を引き起こす可能性があります。そのため、寒い季節に手術を受けた場合は、ショッピング モールなどの暖かい室内で軽く散歩することをお勧めします。

4) 顔面圧を高める可能性のある活動を避ける

鼻をかんだり、腹部に力を入れたりするなど、顔面への圧力を高める活動は避けてください。特に高血圧症で下眼瞼形成術または鼻形成術を受けた場合は、このガイドラインを念頭に置く必要があります。

5) 頭を下げないようにする

落とし物を拾ったり、頭を下に傾けて長時間スマートフォンを見たりすると、回復が遅くなります。 顔が床に面していないことを確認してください。

6) 睡眠中は高い枕を使用する

頭を高く保つことで、顔のむくみを軽減できます。 ただし、ネックリフトなどの首の手術を受けたことがある場合は、枕の使用を避ける可能性があります。 詳細な注意事項については、外科医にお尋ねください。

7) 禁煙

血行が促進されるとむくみは改善しますが、喫煙は血管を収縮させて血行を悪くします。 手術後少なくとも2週間は禁煙することをお勧めします。

8) 顔の腫れを抑える薬は?

市場に出回っている多くの種類の薬は、むくみを軽減するのに役立つと言われています。値段も安く、処方箋なしでも手に入れることができるので、積極的に使ってみましたが正直なところ、これらは上記の7つのヒントよりも効果的ではありません。

5. 顔のあざを取り除く方法は?

あざは、小さな血管が損傷し、血管内の赤血球が皮膚の下に閉じ込められると発生します。最初は暗赤色ですが、次第に淡い紫褐色から黄色になります。その医学的有効性についてはまださらなる研究が必要ですが、あざを改善できるいくつかの推奨事項を以下に示します。

1) 3日間まで冷やし、その後温かく圧縮します。

回復初期に冷却すると、あざが広がるのを防ぎ、腫れを抑えることができます。 3日後に温湿布を適用すると、打撲部位への血流が増加し、変色が早く消えるのに役立ちます。ただし、切開部位に直接ではなく、常に切開部の近くに冷湿布または温湿布を適用してください。一度に30分以内にとどまるようにしてください。 30 分の休憩の後、繰り返します。

2) 低レベルレーザー治療(LLLT)

ほとんどのクリニックでは、むくみやあざを改善するためにレーザー装置を使用しています。一般に LED 療法として知られるこのレーザーは、通常、手術の翌日に行うことができます。この治療のメカニズムは、細胞内のミトコンドリアが特定の波長の光を吸収してより多くの ATP を生成し、細胞の再生、血液循環の改善、老廃物の排出を促進することです。

3) 保湿管理

痣ができた部位に水分を補給し、肌の保湿に気を使う事が重要です。特定の製品を紹介するのではなく、日常的に使用する製品の 1 つを使用することをお勧めします。

4) 痣クリーム

市場にはさまざまな痣のクリームがありますが、効果が疑わしい科学的証拠がありません. ただし、作用機序は次のとおりです。

  • ビタミンK軟膏:
    ビタミンKは、あざの原因であるヘモジデリンを阻害する働きがあります。 科学雑誌によると、1%未満の製品では効果が見られません。
  • ヘパリン含有(ヘパリノイド)軟膏:
    ヘパリンは血液凝固を防ぐ成分です。 流通している瘢痕軟膏の中でヘパリンの含有量が多い東亜製薬ノスカーナの場合、理論的にはあざの吸収が早いと期待されていますが、科学的には証明されていません。

6. 薬やコンタクトレンズの装用はいつから始められますか?

  • アスピリン、プラビックス、ワルファリンなどを服用している場合は、術後3日目から再開できます。
  • まぶたの手術後の初期段階では、コンタクトレンズの使用を避けるのが最善です。 手術の種類によって期間は異なりますが、埋没手術の場合は3日後から可能で目つき矯正や目の下脂肪再配置の手術後は最低1週間後に使用する事が良いです。 ただし、外科医と相談してこれを決定する方がより正確です。

7. 結論

ほとんどの美容外科では、最初の1~2週間で約70~80%の腫れがなくなり、残りの腫れは2~6ヶ月かけて徐々に消えていきます。 患者さんも医師も、手術の初期段階でむくみを抑えて早く日常生活に戻りたいと願っていますが、その最大の要因はやはり医者の腕にあります。
しかし、どんなに経験豊富な外科医でも、制御できない要因は常に存在します。 人体解剖学のバリエーション、以前の手術または処置の履歴、高血圧または糖尿病、喫煙、および抗凝固薬。 手術後もこれらの指示に従うことで、日常生活に戻るまでの期間を大幅に短縮できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *