CONTACT US

人中短縮: 美しい笑顔のための審美分析

인중축소

人中短縮は副作用で後悔する場合が時折あります。しかし、人中短縮後悔の原因は、傷跡や手術自体ではなく、手術計画が間違っている場合が多いことを知っていましたか?美しさの秘訣、理想の笑顔、唇周りのプロポーションを考えることで、副作用を抑えることができます。 この記事では、ビフォーアフターの写真で人中短縮について説明します。

1. 人中短縮とは?

人中短縮術は、鼻溝と呼ばれる鼻と上唇の間の長さを短くする手術です。 この手術は、笑顔の見た目にも影響を与え、見た目に官能的な顔にしてくれます。 私たちが年をとるにつれて、人中は伸びます。 また、人中短縮術は、鼻溝の長さを短くすることで若く見えるようにします。

美しい口元
上の歯が少し見えると若々しく魅力的に見えます。

2. 理想的な人中(鼻溝)の長さとは?

人中短縮 整形 失敗
Lip Lifting: Unveiling Dental Beauty

口の周りの理想的な位置や長さは、究極的には患者一人一人の主観的判断であり、人種的、文化的、および固定された数式または任意の測定では正確に決定できないその他の要因の影響を受けます。 むしろ、マーク、測定値、および公開されたパラメーターは、手術計画のガイドラインと見なされるべきです。 それらは限られた状況でのみ適切です。 芸術的責務は、他の顔の特徴との比率とバランスを達成することです。
美しい笑顔について検索した歯科矯正医による研究によると、彼らはいくつかの範囲を導入しました。
上中切歯の理想的な露出は、安静時空隙で 1 ~ 3 mm です。 口周囲の審美性を分析した形成外科医は、人中(鼻溝)と上唇の垂直方向の長さの比率は約 1.7 ~ 2.3:1 であると考えています。
したがって、上唇リフトの目標は、型にはまった手術に長さを合わせることではなく、歯と唇を考慮して「口の周りの理想的な比率」を作成することです。

3. 人中短縮で満足できる方は?

人中と唇の比率が高い場合、または笑顔で上の歯が見えない場合は、上唇のリフトが満足されます。 また、 皮脂分泌が少ない人の場合、傷跡の可能性も低くなります。

人中短縮 対象
人中縮小の良い対象と悪い対象

4. 人中 短縮が推薦されない方とは?

ガミースマイルは上唇リフトの良い候補ではありません。 これは、多動性唇挙筋を弱めるためにボトックス注射で治療する必要があります。 口ひげのある人は、手術前にレーザー脱毛を行う必要があります。

5. リップリフト 前後

下の写真は、手術前、人中縮小術の2週間後、2ヶ月後、6ヶ月後の写真です。 すべての画像は、唇を安静にして撮影されました。

リップリフト 前後
人中短縮術前後

術前写真では、上の歯は唇で覆われ、下の歯が見えていました。 術後の写真では、人中が減少し、上の歯が自然に見えるようになっています。 人中: 唇の比率もよりバランスが取れています。

6. 人中短縮術アフタの管理

リップリフト手術は簡単ですが、切開線の傷跡を最小限に抑えることが重要なポイントです。切開のデザイン、縫合の技術、皮膚の色、存在する皮脂腺の程度など、さまざまな要因が瘢痕の質を決定します。 したがって、手術と手術後の管理が重要です。 傷跡を最小限に抑えるには、傷跡軽減薬を使用した非切除フラクショナル レーザーが不可欠です。

人中短縮 傷跡
人中縮小 傷跡

上の写真のように、初期に見つかった曲線状の切開痕は、6~8週間で回復します。 レーザー治療、投薬、軟膏が役立ち、日常的なケアに従えば満足のいく結果が得られます。

7. 結論

伝統的に、外科医は理想的な顔を数値的および絶対的な用語で定義しようとしてきました。 ある程度楽ですが、そのような分析には本質的に欠陥があり、厳密な線形測定は、各被験者の頭と顔の特徴が同じサイズであると仮定するため、最終的に不正確になります。 正しくて魅力的なものをより正確かつ適切にガイドするのが「黄金比」です。
魅力的な下顔を注意深く分析すると、口の開きと、上唇の縁と鼻の付け根との間の距離が黄金比によって関連付けられていることがわかります。
その観点から、外科医が傷跡をうまくコントロールできれば、上唇のリフトは顕著です. 顔の若返りと審美的なプロポーションに有利です。 なにより、笑顔がより魅力的になります。 手術から2か月後、まるで手術をしていないかのようなナチュラルに感じることができます。 上唇リフトを施術された患者さんに聞くと、次のように答えてくれます。

「人々は私が凄いと言っていますが、私が手術を受けるとは想像もしていませんでした。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *