CONTACT US

切開リフト:フェイスリフトを受けても失敗する理由を知っています!

facelift regrets

アンチエイジングへの関心が高まる中、顔のたるみを引き上げるインモード、シュリンク、フェイスリフトについて知っている人も多いでしょう。 しかし、誇張された広告のためにあまりにも多くの誤った情報が存在します。 満足のいく結果を得るために何が必要かを患者が完全に理解することは容易ではありません。 きちんとしたリフト施術/手術を判別を患者さん自らできる日が来ることを願っています。

FAQ

Q : フェイスリフト手術を受けると、どのような潜在的な副作用がありますか?

A : フェイスリフト手術は時にはフェイスリフト副作用をもたらします。手術が不注意に行われた場合、または患者が適切な候補者でない場合、瘢痕、血腫、皮膚壊死、耳の変形、および不自然な生え際またはもみあげを引き起こす可能性があります。アンチエイジング、老化、たるみ、フェイスリフト、首のたるみなど、これらの問題に関する専門用語を理解することが、手術を考えている人々にとって重要です。

Q : SMASフェイスリフトの所要時間はどのくらいですか?

A : SMASフェイスリフトの期間は、外科医と使用する方法によって異なります。この手順は、外科医によっては3時間ほどかかる場合もあれば、6~7時間かかる場合もあります。平均して、米国と韓国の経験豊富な形成外科医は、一人でフェイスリフトを行うのに約5時間かかります。ネックリフト、脂肪移植、脂肪吸引などの追加手術が行われる場合、手術はさらに長くなる可能性があります。アンチエイジング、老化、たるみ、フェイスリフト、ほうれい線治療、首のたるみなどの専門用語を理解することで、手術を受ける人々がより正確な情報を得られるようになります。

Q : 顔の若返り施術の効果はどのくらい維持するのでしょうか?

A : リフト維持期間という質問に対して、フェイスリフト手術の結果は患者と外科医によって異なる維持期間を持つ場合があります。アンチエイジング、老化、たるみ、フェイスリフト、ほうれい線治療、首のたるみなどのキーワードを活用しながら、スレッドリフトは平均で6か月から2年年くらい維持することがあります。一方、ミニフェイスリフトとフェイスリフトは、外科医の独自の技術によって寿命が異なるため、答えはできません。

Q : スレッドリフト、ミニフェイスリフト、従来のフェイスリフトの回復時間(ダウンタウン)はどのくらいですか?

A : という質問に対して、ダウンタウンは通常、スレッドリフトの回復には3〜4日かかりますが、ミニフェイスリフトには約7〜10日、従来のフェイスリフトには15〜20日かかる場合があります。ただし、患者の病歴、健康状態、手術の程度によって回復時間は異なる場合があるため、担当医と相談することが不可欠です。スムーズな回復のために、患者には術後の医師の指示に注意深く従うことをお勧めします。


1. 形成外科におけるフェイスリフト手術の目標

フェイス リフトとは、顔を3等分した、中顔面部部位と下の部分つまり、下部部位すなわち、あごのラインや垂れた頬、ほうれい線を改善する手術です。

切開リフト
切開 リフト
出典 : THE “MINI-LIFT,” AN OLD WRINKLE IN FACE LIFTING

この手術の歴史は100年以上。 いくつかの手術が現れたり消えたりしました。 現在、それらは3つのタイプに分類できます。

2. リフト種類 (現在の顔の若返り方法): フェイス リフト、スレッドリフト、ミニリフト

1) フェイスリフト

リフト種類は様々ございますが、この手術は、顔の若返りが最初に導入されたときから行われており、垂れ下がった組織を持ち上げる手術として有名になりました。 耳の前から後ろにかけて長いU字型に切開します。 手術時間は長いですが、適切に行えば多くの顔の部位に効果が得られる数少ない手術です。 ただし、医者の観点からは手術の時間が長くかかるハンデキャップはありますが、熟練医が行うと顔だけでなく首も改善できる優れた施術法です。ダウンタウンは大きなむくみは2〜3週間で手術の結果は2〜6ヶ月過ぎてから見えます。不注意で疾患のある患者に進めると耳の変形皮膚壊死などの副作用が生じる恐れがあります。 首のしわの整形手術(各7-1)については、以下の資料をご覧ください。

フェイスリフト
顔面巨像と喉の上を共に施行した78歳の患者。

2) 糸リフト

突起のある糸を製造する技術に支えられ、ここ10年で人気のある施術方法です。
この手術の利点は、切開が不要で、手術時間と回復期間が短いことです。 ただし、従来のフェイスリフトに比べて効果を維持するのは一時的なものであり、それを改善するためにさまざまな方法が研究されています。

3) ミニフェイスリフトまたはショートスカーフェイスリフト

フェイスリフトに比べて切開線が短く、手術時間も短縮できるように設計されています。 これは理想的に聞こえますが、長い間顔の若返り手術を行ってきた外科医の間では、懐疑的な意見がたくさんあります. したがって、信頼できる効果を得るには、さらに研究が必要です。 変形法として、ミニリフトとスレッドリフティングを混ぜた方法があり、ドクターによって治療方法が異なります。短い瘢痕切開計画患者からは喜ばしい施術にも聞こえますが、実相はほとんどの患者に対した利益をもたらさず、逆に多くの患者さんに多くの問題をもたらすことがあります。 ですからミニフェイスリフトはそれほどそれ程満足度が高くないためお薦めはしておりません。

3. フェイスリフトの原理

加齢により老化は、皮膚から脂肪層、筋肉、骨まで、顔のすべての層で起こります。では、この老化現象を改善するにはどのような方法をとればよいのでしょうか。顔を3等分して各部位別老化改善策はここで詳細に説明しました。簡単に言いますと、

  • 窪んだ部分を埋める(脂肪移植)
  • 垂れ下がった組織を上に引き上げます (剥離ご組織を移動させる)。
  • 伸びた皮膚を切除する必要があります (重複組織切除)。

その中第二の部分である肌組織を引き上げについて詳しくご説明します。

4. 糸リフトが短い理由:顔面支持靭帯

顔面保持靭帯
顔面支持靭帯
出典 : The Face: Pictorial Atlas of Clinical Anatomy 
Retaining Ligaments of the Face: Review of Anatomy and Clinical Applications

上の写真で白く見える顔の各部分には支持靭帯があります。 この支持靭帯の役割は、皮膚や筋肉組織が重力に沿ってたるむのを防ぐことです. しかし、これらの支持靭帯は顔全体に存在するわけではなく、支持する必要があるいくつかの領域に分散しており、その強さもさまざまです。

したがって、加齢につれて、支持靭帯によってしっかりと支持されている部分のたるみが少なくなり、支持靭帯が弱いか存在しない部分がたるみや折り目シワが早くでき、その結果、顎ひだやほうれい線ができます。

ほうれい線
ほうれい線、マリオネットライン写真

維持靭帯を切らずに組織を引っ張ると、たるんだ組織が効果的に持ち上げられません。糸のリフトは支持靱帯をそのまま糸を入れ組織を無理ありに引っ張ることです。常識に考えてもリフトの効果が長く維持することは難しいです。

5. ミニフェイス リフトの効果が低い理由: それ自体ナンセンスです!

小さな切開で広い範囲を持ち上げるショートスカーのフェイス リフトは、理想的に聞こえます。 しかし、実際に手術をしてみると、想像と実相は大きな差があることがわかります。実相は様々な問題が分かります。

ミニフェイスリフトは大多数の患者さんに利点はなくむしろ問題がたくさん生じる恐れのある手術だと昔から経験の多い医者たちが指摘してきましたら、代表的な理由は次のようです。

1)支持靱帯はよく切れにくい

リフトを目的に来院する患者さんはほうれい線のような顔の内側にあたる中央部位を改善したがりますが、顔の中央面まで効果を得るためには中央面組握っている支持靱帯を切らなければなりません。しかし小さな切開を利用したミニリフトでは視野の制限により内側の支持靱帯を安全に切ることはできません。従ってほうれい線の改善効果に制限的です。ミニリフトを好む方々には手術経験が多くて内側まで靱帯を切れるとの主張もあります。もちろん目で見ないで機構を入れてかき回すのもありますが、しかし支持靱帯は常に重要な神経と血管が伴っている様々な解剖経験を基に文献で明らかになりました。即ち、視野が確保されてない状態で試行する手術は危険を勘案する なりしないと効果が微妙であるということです。

ミニ切開リフト 失敗
ミニ切開リフト 失敗
出典 : The Art of Aesthetic Surgery: Principles and Techniques.

小さな切開の結果によるフェイス リフト;

  • 切断すべき支持靭帯を切断できない
  • SMAS フラップを適切に使用するのが難しい。
    視界が悪い状態で SMAS フラップを上げた場合
    • SMASが破れている可能性があります
    • SMAS の下の支持靭帯を切断できない
    • SMAS の下を走る重要な構造物 (顔面運動神経、唾液腺など) が損傷を受ける可能性があります。
  • たるんだ皮膚は正しい方向に引っ張ることができず、しわが残ったり、ぎこちない顔になります。
  • 皮膚のシワとプリーツ

残った皮膚を切除した後、ミニフェイス リフトで皮膚の切り口を最初の切開部位に引っ張って閉鎖し、必然的に皮膚の塊を作成します。 これは自分で紙を切ってみると分かりやすいかもしれません。
切開線が十分に長ければ、切開の上縁と下縁の長さに差があっても、適切な仕立ての余地があります。 しかし、切開が短く、上下の切開の間隔に隙間があると、必然的に皮膚が固まってしまいます。

6. 傷跡の短いフェイス リフトまたはスレッドリフティングの候補者は誰ですか?

老化の少ない顔で満足できる結果が得られます。 そして、この年齢層にとって、Ulthera®、Thermage®、InMode® などのエネルギーベースのデバイスを使用したリフティングは、良い代替手段になる可能性があります. 現在のミニリフトは、失敗が証明された顔の若返り手術の歴史を繰り返す形であることは残念です. しかし、医師は最小限の切開で良い結果をもたらすために、仕事と研究を続けなければなりません。 代わりに、スレッドリフティングは、短い傷跡のフェイス リフトよりも優れた代替手段のようです。

7. フェイスリフトの切開位置はどこですか?

切開部位を部位別に分けて説明します。

1) こめかみ部位 : ヘアーラインの内側 vs. ヘアーライン生え際に沿って

切開リフト こめかみ部位
切開リフト こめかみ部位
出典 : Aesthetic Rejuvenation of the Face and Neck

A) ヘアライン内側

メリットは、傷跡を隠すことができることです。 欠点は、多くの皮膚の動きが予想される場合、生え際がずれる恐れがあることです (下の写真)。 そのため、皮膚の移動が少ない場合、つまり老化の進行がひどくなかった場合に適しています。

切開リフト 失敗
不適切な患者に対して「ヘアライン内側」を選択すると、ぎこちない外観になる可能性があります。
出典 : The Facelift Letdown

B) 生え際に沿って切開する方法

メリットは、皮膚のたるみを少しでも改善できることです。 この利点は、生え際に切開を行う場合には得られません。 この方法は、中等度から重度の老化した顔の患者およびもみあげのある男性で検討する必要があります。
もちろん、施術後2~3ヶ月で傷跡が目立ってしまうデメリットもあります。 そのため、長所と短所を患者と話し合って選択する必要があります。

残念なことに、切開の位置の間違いや好ましくない毛髪の移動は、フェイス リフトによる改善よりも長く続きます。これらの望ましくない結果を防ぐために、切開の配置とフェイスリフトの計画には細心の注意を払う必要があります。

引用; Longevity of SMAS facial rejuvenation and support. by ブルース・コネル

2) 耳の前の部位

切開リフト 耳の前
切開 リフト 耳の前
出典 : Facelift. Planning and technique.

耳介の前にある小さな菱形の軟骨は耳珠と呼ばれます。 精査の余地がある耳介前部は、フェイスリフト患者を特定しようとする人々の頻繁な参照点として存在し、本質的に、外科医の仕事の特徴(またはその欠如)を構成することは間違いありません。
フェイス リフト手術の際、耳の近くのどこを切開するかについて意見の相違がありました。 しかし、今日では、フェイス リフトの専門家は、珠後方(より正確には辺縁)切開の方が優れていることに疑いの余地はありません。 そこで、世界的 切開リフト 名医 Dr. Timothy Martenはと述べています。

「耳の前にある目に見えない傷跡は、外科医がフェイス リフトをどれだけうまく行うことができるかの特徴である。」

Timothy Marten

A) プレトラガル切開

長点は操作が簡単で、トラガルの形状がよく維持されるという利点があります。 短所は、傷跡が他の人に見られやすく、永久に残る可能性があることです。

B) 辺縁切開は、傷跡を隠すことができるため、耳珠と頬の皮膚の色、質感、または表面の凹凸の不一致が問題にならないことです。 注意深く観察すると、瘢痕は軟骨縁の対光反射のように見えます。
この切開の欠点は、切開の配置と皮膚閉鎖の張力が不適切な場合、歯根変形のリスクがあることです。 これが、皮膚の緊張を軽減し、形状を維持するために、Z 形成術の基本概念を適用する必要がある理由です。

3) 耳の後ろ部位

切開リフト 耳の後
写真: 耳介後ろ部位の選択
出典 : Aesthetic Rejuvenation of the Face and Neck

耳の後ろ側もこめかみ部分と同じように分かれています。 ヘアライン内またはヘアラインに沿って。 以前は、傷跡を隠すために生え際に多くの切開が行われていました。 それでも、組織の動きの量を考慮すると、ヘアラインに沿って切開を作成することが有利です。 切開の高さは、ヘリックス ヘアライン タッチ ポイント (フェルドマンによって命名) まで上げる必要があります。

8. SMASとは?

스마스 리프팅
スマス リフト

フェイスリフトを考えている方なら「SMAS」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 SMAS (表面筋腱膜システム) は、1976 年にフランスの医師である Vladimir Mitz と Martine Peyronie によって最初に使用されました。これは、現代の顔の若返りの中心的な概念となっています。
顔は表面から5つの層に分けることができます。 皮膚、脂肪、筋肉、顔のスペース、深層筋膜。 メンデルソン氏によると、SMASは下図の3層目くらいに位置するとのことですが、これは分かりやすいように模式的に描いたもので、より複雑になっています。 正確には、「筋肉、脂肪、繊維組織で構成され、手術中に外科医によって「作られる」構造であって、手術中に見られる構造ではない」と考える方がより正確です。そのため、フラップと呼ばれています。

9. なぜ SMAS フェイスリフトなのか?

フェイス リフト手術で SMAS フラップを使用すると、皮膚の下の深部組織が持ち上げられます。
皮膚層だけを持ち上げると、いくつかの問題があります。

  • 短いメンテナンス。
  • 牽引張力が皮膚層に集中し、他の領域に分散されないため、瘢痕化のリスクが高くなります。
  • しかし、SMASと呼ばれる深部組織を引っ張ると、リフト効果が生涯持続すると同時に、皮膚縫合時の緊張が緩和され、傷跡が目立たなくなります。

SMAS がマーケティング用語として乱用されていることも事実です。 しかし、「大幅なリフトアップを実現するSMASフラップを作る」というのは、使い古された言葉ほど簡単ではありません。

10. SMASフェイスリフトのチェックリスト

1)皮弁の厚さ:薄いこと

リフティングは、垂れ下がった組織を重力に逆らって持ち上げる手術です。 それを育てて長く保つためには、SMASは厚く丈夫でなければなりません。 これを行うには、まず最も重要なことは、皮弁をできるだけ薄く解剖することです. これはSMASが強いほど効果が持続するためです。
ただし、皮弁の厚さは、高血圧、糖尿病、喫煙、ウルセラや サーマ-クールなどの以前の処置の履歴に応じて、患者ごとに適切に調整する必要がある場合があります。 再手術では、効果的な SMAS フラップを使用できない場合があります。 そのため、事前の手術・処置を十分に検討した上で、手術方法や手術時期を決定する必要があります。

2) SMASの下面解剖のエンドポイント: 保持靭帯が解放されるまで。

保持靭帯は深層から表層まで存在します。 SMAS フラップをフェイスリフティングで使用するには、SMAS をその下から保持している保持靭帯を切断して移動することが不可欠です。 問題は、顔面運動神経や唾液腺などの重要な構造がSMAS層の下に存在することです。 顔の表情は、この運動神経によって調整されます。この運動神経は、咬筋の内側を通過するときに、深部から表面に走ります。 その重要性を考えると、SMASフラップをどこまで上げるかを決める必要があります。 意味のある結果を得るには、強力な保持靭帯が切断されるまで十分に解剖することが不可欠です。

解剖がより内側に進むにつれて。

  • 通常、SMAS は前に進むにつれて薄くなるため、破れる可能性があります。
  • 神経損傷のリスクが高まります。
  • 顔の内側の曲率が大きいほど、解剖手順はより複雑になります。

したがって、外科医が SMAS フラップのどこをどの程度切開するかは、患者のニーズと顔の特徴を考慮して決定する必要があります。

3) 引っ張る方向

2面で顔を切開することをバイラメラフェイス リフトと呼びます。 顔を2層に剥がすフェイス リフトのテクニックです。 皮膚層を薄く持ち上げ、SMAS フラップを下に付着した組織から分離することにより、皮膚の下に持ち上げます。
それらをエンブロックとして持ち上げるのではなく、バイラメラ解剖の理由には、引っ張るベクトルの多様性と引っ張り量という2つの利点があります。
通常、SMAS は斜め方向に引っ張られ、皮膚はより横方向に引っ張られますが、これは患者の目標に応じて調整できます。

4) 固定点

スマスをデザインすると引っ張る力の方が強いのではないかと考えられますが、SMASの引張力は部位によって異なります(Identifying Regional Viscoelastic Properties of the Superficial Muscular Aponeurotic System)。固定ポイントが伸びやすくSMASフラップの効果がなくなってしまうとがっかりです。 したがって、SMAS が張力によって引っ張られにくい場所を選択して、フラップをデザインする必要があります。 

11. 結論

フェイス リフトは歴史が古い手術であり、様々な方法があります。 そして同じ名前の手術であっても医師ごとに酒器が異なり、その違いが結果に影響を与えます。 インターネット上には、非専門家が理解できる顔面巨像術に関する良質の情報が欠けています。 そして、複数の医療機器企業や実製造会社のマーケティングの影響のせいか(シリフティング、超音波リフティングなど)簡単な施術と短い回復期間を打ち出しながら、無作為患者を手術台に横にする急急なのが現在リフティング美容市場の状況だと考えられます。 これらの簡単な手術は効果を見ることができる対象が事実は制限的であり、効果を見ると言っても維持期間が短すぎます。 このような現象は顔面巨像の歴史で過去に興行して消えてしまった「ランチタイムリフト」のようなミニ巨像の再湯に過ぎません。 広告が溢れる私たちの生活の中でスマートな消費者になるための最初のものは、適切な情報を習得し、判別するための恵みを育てることです。 この記事は、賢明な決定と満足のいく結果をもたらすきっかけになることを願っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *