CONTACT US

アンチエイジング : 顔のたるみの特徴と原因、そして解決策

동안성형

この記事では、たるみによる顔の変化を分析し、アンチエイジング手術法を紹介します。

1. 老化は顔のどの部分で起こる?

老化過程
20歳 vs 70歳
Neligan Vol2. Ch.6.2 Facelift: Principles of and surgical approaches to facelift

上の写真は20歳と70歳の女性。老化した部位を分析してみると右側の姿と同じです。
これまで医師は、老化は単に皮膚のたるみや脂肪が飛び出たものだと考えていました。 しかし、いくつかの解剖学的研究は、老化が顔のすべての層に影響を与えることを示しています。

老化
出典 : Neligan Vol2. Ch.6.1 Facelift: Facial anatomy and aging 
  1. 骨が吸収される
  2. 保持靭帯や筋肉が緩む
  3. 筋肉の下の脂肪が萎縮している
  4. その結果、筋肉の上の脂肪が支えられず、下にた るみ始めます。
  5. 皮膚の弾力がなくなり、弛む
アンチエイジング 分析
Aesthetic Rejuvenation of the Face and Neck

形成外科医は、顔を3つの部分に分けて評価します。 上段、中段、下段に分けて計画を立てます。 したがって、この記事では、老化した顔についても同様に説明し、外科的解決策を紹介します。

2. 顔の上 1/3

1) 額のしわ : 解決策 = ボトックスまたは内視鏡額リフト

年齢を重ねるにつれて、上まぶたの皮膚がたるみ、しばしば視界を妨げます。これにより、無意識にこれを改善しようと眉毛を持ち上げることで額にシワができ、目はつり上がります。
これが額のシワができる理由です。 ボトックスは筋肉の動きをブロックするので、小さなしわを改善するのに役立ちます. 額や眉のリフトアップは、適度なシワでも改善できる施術です。 ただし、深いシワの改善には限界があります。

前額リフト 口コミア
前額リフト

内視鏡額リフトから3ヶ月の経過。 シワは劇的に改善しますが、深いシワは残る場合があります。
若いとはいえ、額の筋肉を頻繁に収縮させる癖は、20代後半でも早期に額のシワが発生することがあります。

2) 眉間しわ : 解決策 = ボトックスまたは内視鏡的額リフト

怒りの表情を作るとき、眉の内側は下に下がります。 これは、眉間の筋肉が収縮するときと同じ方向です。 通常、眉間のシワは40~50代から11本のライン状に目立ち始めます。

ブローリフト 口コミア
内視鏡額リフトから2ヶ月後の経過:無表情(上段)としかめっ面(下段)の前後の写真

3) こめかみの陥没 : 脂肪移植

年をとるにつれて、こめかみがくぼみ、頬骨がより目立つようになることがあります。 この場合、こめかみ部分を埋めると効果的な場合があり、 顔の骨の輪郭が突出している場合は、境界を柔らかくします。

脂肪注入
脂肪注入。顔全体の脂肪移植の正面および 4 分の 3 のビュー: こめかみの陥没よく復元されています。

4) 上まぶたの皮膚過剰 : 解決策 =  上眼瞼形成術、眉下挙上、内視鏡額リフト

中年層の瞼整形
上眼瞼形成術、眉下挙上、内視鏡額リフトなど様々な方法で皮膚のたるみを改善した事例

中高年が整形外科を訪れる一番の理由は、上まぶたのたるみを改善するためです。 通常、目の特性に応じて 3 つの手術方法があり、それぞれに長所と短所があります。 上眼瞼形成術は、二重まぶたの折り目が必要な場合に役立ちますが、不適切に行われると、操作されたように見える可能性があります. サブブロウ リフトは、自然な外観の余分な皮膚には優れた選択肢ですが、眉間のしわを悪化させる可能性があります。 内視鏡による額のリフトは、額と眉間ラインにメリットがありますが、皮膚のたるみへの効果は、眉下のリフトに比べて限られている可能性があります。 中年層の方に適した3つの瞼整形: 上眼瞼形成術 vs. 眉下リフト vs. 内視鏡額リフトで詳しく説明しました。

5) 上まぶたの窪み : 解決策 =  脂肪移植または眼瞼下垂矯正を伴う上眼瞼形成術

年をとると、上まぶたの脂肪の量が減ります。 脂肪の萎縮で窪んだ場合は脂肪移植が効果的です。場合によっては、眼瞼形成術による眼瞼下垂矯正を同時に行うことで、改善する事もあります。特徴ごとに原因を診断することが重要です。

眼瞼下垂手術
眼瞼下垂手術 9ヶ月後。
老化した目の典型的なトライアド。 上まぶたがくぼんでいて、まぶたが高く、まぶたが垂れ下がっています。これらの兆候は通常、眼窩の老化に関連することが多い挙筋裂開を示します。

3. 顔の真ん中 1/3

1) 下まぶたと頬中部のくぼみ:解決策 = 下眼瞼形成術。 必要に応じて脂肪移植。

アジア人と白人の約半数が下まぶたに脂肪袋の膨らみを示します。 加齢とともに脂肪が肥大化したと誤解されがちですが、そうではありません。 実際には、脂肪を取り囲む筋肉やその他の軟部組織が緩みます。 脂肪が多い人はそれを取り除く必要があり、残りの脂肪は ハムラ法によって目下の窪みを埋めることができます
逆に下まぶたがくぼんでいる場合もあります。 程度にもよりますが、脂肪の再配置だけでは窪んだ部分を埋めるのに十分でない場合は、脂肪移植が考慮される場合があります。 脂肪移植は、目下の窪みを越えた下の中顔面部位まで凹みがある時にとても効果的です。

目の下の解剖学
The Face: Pictorial Atlas of Clinical Anatomy

2) 目の下のたるみ取り:解決策 =下眼瞼形成術

目の下脂肪再配置
下眼瞼形成術後3ヶ月の52歳
眉毛下切開 口コミア
眉毛下切開と下眼瞼形成術後3ヶ月の64歳女性です。

たるみや余分な皮膚によるシワは、ほとんどの場合切除が必要です。 シワが深くない場合は、CO2またはEr:YAGレーザーを使用した皮膚剥離術が使用されることがありますが、白人とは異なり、アジア人では効果が期待できない場合があります。

3) 目下の窪み : 解決策 = 経結膜アプローチまたは皮膚アプローチによる下眼瞼形成術

眉リフト
この 56 歳の女性の眉下リフトと下眼瞼形成術から 5 か月が経過しました。

涙の谷は、鼻の両側の側面にある斜めのくぼみです。 この場所は保持靭帯が付着する場所です。 隣接する軟部組織が加齢とともに変化するにつれて、保持靭帯による陥没がより顕著になります。 重度でない場合は、通常、脂肪を他の部位に移動させる脂肪再配置によって改善されます。

4) ほうれい線 : 解決策 = 中顔面リフトおよび/またはフェイスリフト ± 脂肪移植

ほうれい 線は、顔の若返りを求めている人にとって最も頻繁に対処される部位であり、同時に改善が最も難しい部位でもあります。通常、ほうれい 線が深い顔は、ほうれい線の上部のたるんだ組織と鼻の周りの組織が窪んでいる場合が多いです。したがって、深層のボリュームを埋め、浅い層のたるんだ皮膚をフェイスリフトを通して取り除くことが効果があります。

切開フェイスリフト
フェイスリフト8ヶ月後の59歳男性。

4. 顔の下1/3

1) 細長い人中:解決策 = 上唇リフト

鼻の付け根と上唇の境界の間の領域は人中と呼ばれます。人中は年齢とともに伸びるため、上唇を持ち上げると若く見えるようになります。詳しくは人中短縮前後の写真をご覧ください。

2) マリオネットラインと顎 : 解決策 = スレッドリフティングまたはフェイスリフト ± 脂肪移植

唇の端からあごのラインに向かって下がるしわは、保持靭帯の近くにあるマリオネット ラインと呼ばれます。マリオネットラインは外側の皮膚を引っ張ることで改善できますが、長期的な結果を得るには、くぼみを脂肪移植で埋め、軟部組織をより自由に動かすために保持靭帯を切断する必要があります.
あごは、マリオネットラインのすぐ横に膨らんでいる部分です。マリオネットラインのように保持靭帯がないため、たる みが目立ちます。フェイスリフティングやスレッドリフティングで改善でき、滑らかな顎のラインを作るために強化する重要な部位です。

フェイスリフト 前後
フェイスリフトとネックリフト4ヶ月後の76歳女性

5. 首シワ

1) 解決策 = ネックリフト+深部の脂肪除去と組み合わせた首のリフト

上の写真のように、横から見ると首が垂れ下がって見えることがあります。 患これを「七面鳥の首」と呼んでいます。 首の理想的な形と若返りについては、他の記事で詳しく説明します。

6. 結論

前述のように、老化は特定の領域の変化ではなく、顔のすべての層で発生する変化です。 骨、筋肉、保持靭帯、脂肪、皮膚。 老化に関しては、複数の領域で発生するため、すべての影響を受ける層に制限がある手術を 1 回だけ受けると、がっかりする可能性があります。 したがって、 いくつかの治療が併合されてこそ、根本的で満足の行く結果を得る事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *