CONTACT US

目 整形 失敗だと思うときに役立つ記事

目 整形 失敗

残念ながら、上眼瞼または下眼瞼形成術の後に望ましくない事象が発生する可能性があります。 初めてまぶたの手術を受けた場合、これが正常なプロセスなのか、副作用の初期症状なのかわかりません。 この記事では、手術後に起こりうる状況を 3 つのカテゴリーに分類します。 時間の経過とともに自然に改善し、短期間のフォローアップが必要であり、外科的介入が必要です。 また、問題の解決策もいくつか紹介します。

1. 時間の経過とともに自然に改善される望ましくないイベント

1) 腫れやあざ

二重 腫れやあざ
二重腫れまたはあざの初期段階

腫れやあざの量や重症度は個人差がありますが、これは発生する可能性があり、通常は創傷治癒の正常な進行です. これは通常、十分な休息と血液循環の改善により改善します。 回復を早めるには、冷湿布または温湿布で十分です。

2) 非対称

二重 非対称
時間の経過とともに好転する二重非対称

患者にとって最も厄介なことは非対称です。 初期の段階では、腫れが原因なのか手術ミスが原因なのかを判断するのは困難です。 まぶたは薄いです。 わずかな腫れでも形状に影響を与える可能性があります。 これが、眼瞼形成術後のほとんどの非対称性が時間の経過とともに改善する理由ですが、場合によっては 4 ~ 6 か月かかることがあります。

3) 強膜が見える

目の下手術、目尻切開術、または下眼瞼外側拡大手術でよく発生します。 手術後、まつげが内側に曲がったり、外側強膜の露出が過剰になることがあります。 幸いなことに、これらの症状は一時的なもので、1 か月以内に改善します。 側方下拡大または目尻形成術では、強膜のショーは手術効果に比例する可能性があり、手術前に医師と話し合う必要があります。

2. 診療上短期間の経過観察が必要な望ましくない事象

1) ドライアイ症候群

ドライアイ
涙液層

ドライアイがあると手術後に症状が悪化することがあります。 これは、眼瞼形成術後のマイボーム腺機能の一時的な低下として知られています。 通常は特別な治療をしなくても元に戻りますが、人工涙液は回復を早める可能性があります。 ただし、症状が 2 か月以上続く場合は、ドライアイ症候群による不快感が深刻になることがあります。 マイボーム腺の機能は加齢とともに損なわれ、中年は長期にわたる症状を訴えることがよくあります. ドライアイの IPL 治療は、最近大幅な軽減を示しており、眼瞼形成術後のケアにも考慮することができます。

2) 血腫

二重 血腫
ハムラ法後13日目に突然発生した血腫を除去した後の経過

まれに、手術後に出血が手術部位内に集まり、塊のような病変が生じることがあります。 小さい場合、この血腫は、クリーンアップ細胞 (マクロファージ) が破片を取り除くときに溶解します。 血腫が大きい場合は、迅速な解消のためにヒアルロニダーゼ注射を考慮することができます。 サイズがどんどん大きくなっていくような場合は、傷口を開いて傷口を洗ってから排水を考えたほうがいいです。 

3) 結膜浮腫

目 整形失敗
高血圧と糖尿病を患っている66歳の患者は、ハムラ法、眉毛下切開、二重まぶたの手術を一度に受けました。 彼の高齢のため、結膜浮腫は非常に長い間存在しており、彼の 300 の目は改善していますが、非常にゆっくりとしています。

リンパ循環の低下が原因で、しばしば下眼瞼形成術の後に発生します。 通常、特別な措置は必要ありません。 しかし、それが 2 週間以上続く場合は、抗生物質またはステロイドの点眼薬が役立つことがあります。

3. 再手術を考慮すべき副作用

残念ながら、手術後の望ましくない変化は、外科的修正が必要になる場合があります。 再手術で再建すべき副作用について説明します。

1) 上まぶたの合併症

a) 兎眼

兎眼
目の開き(上)と閉じた(下)の眉リフト前後の写真。
内視鏡的前頭挙上直後に認められる兎眼の徴候(下段中央;閉眼時にベル現象と呼ばれる典型的な眼球運動を示す)は、8日目(右側)には自然に消失している。

兎眼は、目が完全に閉じていない症状です。 通常、重症でなければ手術後2~4週間で自然に改善します。 眼瞼下垂手術の場合、2~3ヶ月かかることもあり、まぶたの隙間がどんどん小さくなってきても心配はいりません。 しかし、眼瞼下垂手術中の過剰な皮膚切除や過度の矯正によって引き起こされた兎眼の矯正は困難です。 この場合、再手術を考慮する必要があります。
突出した目、甲状腺機能亢進症、または睡眠中に目を開けている習慣がある場合は、ウサギ眼球症が発生する可能性が高く、術前に医師に相談する必要があります。

b) 退縮、収縮

眼瞼下垂 手術 副作用
まぶた下垂手術の副作用そしてこれを克服した姿。
眼瞼下垂手術前後。 左目は、修正が必要な退縮を示しています (中央)。 退縮変形矯正2ヶ月後(下)。

通常の注視中に上部強膜が表示されることを意味します。 眼瞼下垂手術中に挙筋が過度に矯正されたときに発生します。これが回復の初期段階で指摘されていれば、簡単に修正できます。 通常、退縮解消のゴールデンタイムは初回手術後3~4週間以内です。

c) 3重まぶた

意図したライン以外の場所で癒着が発生すると、3重の折り目が発生する可能性があります。脂肪を過剰に除去すると、 二重ラインより上部地点で癒着が生じることがよくあります。退縮とは異なり、6か月後に矯正を行う方が良いです。

d) ソーセージ、幅が広い二重ライン

二重ライン下の皮膚がぽっちゃりしているように見える場合、一部の患者はこれらをソーセージの目と呼びます。まぶたのラインが高すぎると、ソーセージのような目になることがあります。切開法を通した方法で手術されます。 また、 専門医に相談して他の方法で改善を検討することができます。

2) 下まぶた手術の合併症

a) 兎眼

兎眼
涙腺の閉鎖治療の為、手術後に発生した右目の兎眼と原因神経
出典 : Evaluation of Conventional Subciliary Incision Used in Blepharoplasty: Preoperative and Postoperative Videography and Electromyography Findings.
Facial Nerve Supply to the Orbicularis Oculi around the Lower Eyelid: Anatomy and Its Clinical Implications 

眼瞼下垂症は、下まぶたの手術でも発生する可能性があります。 眼輪筋の内側を切開すると、顔面運動神経(上眼瞼内側枝)を損傷し、閉眼が不十分になることがあります。 通常、これが下まぶたの手術後に発生した場合は、より短い後遺症があります。

b)眼瞼外反

眼瞼外反
下眼瞼外転は 4 つのタイプに分類され、外反症 (D) は患者と医師の両方にとって最も苛立たしい兆候です。
出典 : Neligan Vol2. Ch10. Secondary blepharoplasty.

眼瞼外反は、下眼瞼の手術後まれですが、発生したときに患者にとって非常に失望する副作用の一つです。多くの場合、患者はこれをまぶたが外側に向いていると表現します。 これは、手術を必要とする2つのカテゴリーと、自然に改善するもう1つのグレードに分けることができます。下まぶたと眼窩の間に小さな隙間があると、自然治癒が起こります。 少量の強膜ショーも簡単に消えることがあります。 ただし、眼窩内の赤い結膜がすぐにわかる場合は、外科的矯正が非常に必要であることを示唆しています。

目整形 失敗
外反症 補正前(左)と後(右)。

未知の外科医による下眼瞼形成術後の 76 歳の彼の左目は、外反を示しました。 変形を修正するために半年後に皮膚移植も行われましたが、改善は見られませんでした。外眼角矯正を通して左側の目の眼瞼外反矯正を施行して1ヶ月後、結果は良好に維持されています。
眼瞼外反の場合、正面からは三白眼、目がよく閉じない症状や上から見下ろす時に、眼球とまぶたの皮膚が接触しないのが特徴です。

4. 結論

この記事では、二重まぶたの手術後に治療が必要な場合とそうでない場合について説明しました。 また、手術後の結果に関する患者の懸念の大部分は、多くの場合、時間の経過とともに大幅に解決されています。 この記事が、問題があるのではないかと心配している方の無用な懸念を和らげるのに役立つことを願っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *